【越後名水巡り】村上市大毎(おおごと)の吉祥清水を汲んできた!

459
views

Sponsored Link

Sponsored Link

仕込み水…それはお酒やコーヒー、お茶等を美味しくする魔法のお水。
つまり、何かを割るのに適したお水ってことですね!
 
チャッペス食堂のよっちゃんから村上にある湧き水「吉祥清水(きっしょうしみず)」でコーヒーや焼酎を割ると一気に美味しくなる!と聞き、村上市山北町の大毎(おおごと)へ湧き水を汲みに行ってきました!
 
吉祥清水は、昔から大毎集落の生活を支えてきた大切な水であり、地元でしか手に入らない地酒「日本国」の水としても使用されているそうです。
平成19年には「新潟県の輝く名水」に認定され、平成20年には、環境省により「平成の名水百選」に認定されています。
 
天気はあいにくの雨でしたが、村上への道中は、日本海を見たり、色づき始めた紅葉を見たり、大人の遠足でした。

雨の中のドライブ
雨の中のドライブ
車を走らせていると、「西方の湯」の巨大親鸞像が。デカイ!!
車を走らせていると、「西方の湯」の巨大親鸞像が。デカイ!!

 
 
国道~バイパスを走り、海沿いの国道7号線を行くこと約2時間!
新潟市内から山形方面に向かってしばらく北にま〜っすぐ行くと…
 
やった!
大毎(おおごと)」の看板を発見です!!

大毎に到着!
大毎に到着!

 
 
水場の近くに駐車し、少し歩くと綺麗な水が勢いよく湧いている水場が見えてきました。
 
ついに来ました。吉祥清水!

街の中に水の流れる音がきれいに響きます◎
街の中に水の流れる音がきれいに響きます◎

 
 
到着すると、既に地元のおっちゃんが水を大量に汲んでいました。
おっちゃん曰く、毎日ここに水を汲みに来ているそうで、吉祥清水は噂通り仕込み水にすごく良いとのこと。

大量の水を軽バンに積み込むおっちゃん。私たちも積み込みを手伝います。
大量の水を軽バンに積み込むおっちゃん。私たちも積み込みを手伝います。

 
 
水汲みの順番を待っている間、次から次へと人が水を汲みにやって来るのを見て、近隣の生活に必要な一部となっているんだなぁと実感。

吉祥清水の説明。古来から吉祥清水の源、大毎川がこのあたりの生活を潤わせたそう。
吉祥清水の説明。古来から吉祥清水の源、大毎川がこのあたりの生活を潤わせたそう。
名水の認定書もあるよ!
名水の認定書もあるよ!

 
 
地元の人たちが水を組み終わり、いよいよ私たちの順番。
 
まずは湧き水を一口。

ん〜っ!冷たくて美味い!!

ひんやり冷えて美味しい吉祥清水
ひんやり冷えて美味しい吉祥清水

 
 
でも、ただ飲んだだけじゃ美味しいけれど、普通の湧き水。
これがどのようにお茶や酒の味を変えるんだろう…
 
後述でレポートするから、仕込み水比較実験の結果は置いておいて、取り急ぎ汲んだ湧き水を車のトランクへ。

よし、帰りますか。
と思ったら…
 

あれ?

 
この辺って、新潟マタギ日記のKakuma君(マタギ見習い)が住んでる山熊田の山北(さんぽく)に近いんじゃないか?
 
Google mapで調べると山熊田まで、約7キロ。
 
ということで、ノリで急遽、大毎から山北へ移動決定!
Kakuma君の住所も聞かずに「山熊田」とだけナビに入れて出発。
 
山の中にポツンとある集落だって聞いてるし、なんとかなるっしょ!
ほら!さっそく山熊田の看板が!!

山熊田の文字が!
山熊田の文字が!

 
この看板から先が怖かった…
道はクネクネしてるわ、知らない山道なのに暗くなってくるわ、マジでこの先に人住んでるの?ってくらい山々しくなっていくばかりで。
 
それでも、ナビに従って山道を行くこと約1時間。
着きました。山北。

 
さんぽくってこのへん。
さんぽくってこのへん。

 
 
集落の人々にKakuma君の居場所を聞き、村を探し回りKakuma君を発見!
本人、宴会中で状況が分からず、きょとん(笑)
 
大毎の吉祥清水を汲みに来たついでに山北に寄ったと話をすると、ここの水も美味しいですよと勧められ、山北の湧き水も頂く。

山北の湧き水
山北の湧き水
 

驚くべきことに、山熊田は各家に湧き水が引かれてます!
すごい!羨ましい!
 
 
図らずも大毎の吉祥清水、山熊田の湧き水の2種をゲット!
 
今度こそ帰路に着きます。
帰ったら、お待ちかねの湧き水飲み比べ選手権です。
 
さて。
家に着いて休む間もなく、「水道水」「大毎の吉祥清水」「山熊田の湧き水」の3種類で、緑茶、コーヒー、ウイスキー水割りを試飲!

 
緑茶飲み比べ選手権
緑茶飲み比べ選手権
 

コーヒー飲み比べ選手権
コーヒー飲み比べ選手権
ウイスキー飲み比べ選手権(写真撮り忘れました...)
ウイスキー飲み比べ選手権(写真撮り忘れました…)

 
 
 
では、食レポならぬ、飲みレポです。
 
 
まずは、水道水。
うん、いつも飲んでいる味。
お茶も、コーヒーも、ウイスキーも飲み慣れたいつもの味です。
 
 
次に、山熊田の湧き水。
おおお!?
お茶もコーヒーも口に入れた途端にふわっとして、まぁるい味。
まろやか〜でなめらか〜な舌触りに一気に変わりました。
湧き水すごい!あらためてお水、大事です。
 
 
最後に大毎の吉祥清水。
うわわ!!
山熊田とは全く違う、キリッとしてくっきりした味に!
朝のお茶やコーヒーは吉祥清水で目をシャキッと。
昼のお茶やコーヒーは山熊田で一息ホッと。
なんて飲み分けもいいかもしれません。
そして、何と言っても吉祥清水はウイスキー!
ウイスキーの匂いがクッキリ際立って、より深く、キレのある味わいを楽しむことができました!
これは美味しい!
 
 
 
どっちがどっちということもなく、山熊田の湧き水と大毎の吉祥清水でいれた、お茶やコーヒーはとても美味しかったです。あとはその人ごとのお好みですね。
 
 
ただ、ウイスキーの水割に関しては、Kakuma君、ごめん!
ダントツで大毎の吉祥清水がウイスキーの味を際立たせていました。
 
他のお酒も試してみればよかったんですが、香りを楽しむタイプのお酒については、吉祥清水が力を発揮しそうな気がします。
 
 
それにしても、こんなに味が違うなんて、名水の魅力に魅せられてしまいました。
 
次はどこの名水を汲みに行こうかな。
オススメの名水スポットがあれば、ぜひ教えてください!

Sponsored Link