Daily Archives: 2017.04.19

工場蚤の市は作り手と使い手の交流場だった!

【「燕三条」の文化祭!】工場蚤の市がすっごく楽しかった!

こんにちは!TANKEです。 4月15日〜16日に「三条ものづくり学校」で開催された「工場蚤の市」に行ってきました! ご存知の方もたくさんいるかと思いますが、新潟県の県央地域、通称燕三条は日本有数の金物産業最先端地区。(燕三条市では無いですよ←ここ大事!)   この街には「日本一」がたくさん。 指先の感覚だけで抜群の切れ味の包丁や爪切りなんかの刃物を作り上げちゃう凄腕の職人さんが日々、技術と製品に磨きをかけています。 そんな街だからこそ開催出来る、技術の祭典「工場の祭典」なんてイベントもあるくらい、すっごい街なんです。   例えば、こんなギミックもお手の物。 https://youtu.be/VLfN3zTt04I ...すごい。   職人のみなさんはシャイで口下手な人から、冗談好きで豪快な人まで、多種多様で面白い人が多いです。 そんなごく普通のおっちゃんが仕事場になると目つきが変わって黙々と真剣に仕事に向き合う。 そんなところが格好いいんです。 さて、この「工場蚤の市」は色んな工場から出たB級品やこの日のために作った廃材アートなんかがズラッと並び、職人さんたちと交流できるイベントです。 会場の三条ものづくり学校は廃校をリノベーションし、ものづくりを発信するべく開かれた産業拠点。   普段は教室がオフィスになっていて、これからの燕三条を支えていく若手個人事業主や会社がワーキングスペースとして使っていたり、コワーキングスペースがあったり、クリエイティブな空間が広がっています。  (世田谷の「IID 世田谷ものづくり学校」の兄弟施設です) 元学校、しかも市場は体育館ということもあり、蚤の市はさながら文化祭。 天井には、デコレーションが施され、その下で各出店者と来場者が和気あいあいと活気に満ちた交流を繰り広げていました。   それでは、一部、僕が楽しんだ出店者さんたちをご紹介。 まずは、有限会社永塚製作所さん。 工場って、たくさんの金物を切ったり、叩いたり、削ったりするから、廃材がたくさん出るんです。 工場から持ち込んだステンレスの廃材を...丸い球に貼り付けて...ひもを通して... あっという間に出来るミラーボール作りワークショップ!! これなら子どもも大人も安全かつ楽しくものづくりに触れ合えます。 永塚製作所の能勢社長は筋金入りのサーファーさん。 会社では環境保全のためにゴミ拾い用のトング(かっこいい!)も作っていて、なんとGOOD DESIGN AWARDも受賞しています。 ...