Yearly Archives: 2017

【越後名水巡り】村上市大毎(おおごと)の吉祥清水を汲んできた!

仕込み水...それはお酒やコーヒー、お茶等を美味しくする魔法のお水。 つまり、何かを割るのに適したお水ってことですね!   チャッペス食堂のよっちゃんから村上にある湧き水「吉祥清水(きっしょうしみず)」でコーヒーや焼酎を割ると一気に美味しくなる!と聞き、村上市山北町の大毎(おおごと)へ湧き水を汲みに行ってきました!   吉祥清水は、昔から大毎集落の生活を支えてきた大切な水であり、地元でしか手に入らない地酒「日本国」の水としても使用されているそうです。 平成19年には「新潟県の輝く名水」に認定され、平成20年には、環境省により「平成の名水百選」に認定されています。   天気はあいにくの雨でしたが、村上への道中は、日本海を見たり、色づき始めた紅葉を見たり、大人の遠足でした。     国道~バイパスを走り、海沿いの国道7号線を行くこと約2時間! 新潟市内から山形方面に向かってしばらく北にま〜っすぐ行くと...   やった! 「大毎(おおごと)」の看板を発見です!!     水場の近くに駐車し、少し歩くと綺麗な水が勢いよく湧いている水場が見えてきました。   ついに来ました。吉祥清水!     到着すると、既に地元のおっちゃんが水を大量に汲んでいました。 おっちゃん曰く、毎日ここに水を汲みに来ているそうで、吉祥清水は噂通り仕込み水にすごく良いとのこと。     水汲みの順番を待っている間、次から次へと人が水を汲みにやって来るのを見て、近隣の生活に必要な一部となっているんだなぁと実感。   ...
北海道の担々麺の名店が道外初出店に選んだ地は三条市!

【ラーメン新店情報】北海道担々麺の名店「175° DENO 担担麺」が三条市に開店!

こんにちは!TANKEです。 今日は10月17日に三条市に新しく出来たラーメン屋「175° DENO 担担麺」さんの紹介です!   このお店、北海道の担々麺屋さんなんですが、なんと道外初出店! つまり、本州でこの担々麺が食べられるのは新潟県三条市オンリー。   これは食べてみなければ...ということで、行ってきました。 現地に到着すると、オシャレな店頭にたくさんのお花が。 見てみると、県央を代表するそうそうたる企業やお店の名前がずらり。 お店の人に話を聞いてみると、北海道を訪れた県央の人々から是非新潟に出店しましょうという話があり、今回の出店が現実になったとのこと。   出張先で食べたラーメンは美味かったからって、自分の土地に出店してもらうところまで話を進めてしまうとは...県央ビジネスマン恐るべし。 店内に入ってみると、お昼前にも関わらず、大賑わい。 テーブルに空きが無かったので、店内に設けられた椅子に座って待つことに。   道内でも札幌以外じゃ出店していないとのことで、前言撤回。 道外初出店しゃなくて、札幌市外初出店です。 では、肝心のメニューと注文方法について。 担々麺屋さんということもあって、メニューはシンプルに二種類。 「汁あり担担麺(900円)」と「汁なし担担麺(850円)」。 下に載せた写真を見れば一目瞭然ですが、注文は二種類のどちらかを選び、シビれの強さを「シビれない」「シビれる」の2段階から選択。 それでもまだシビれを追求するなら、+50円でシビれを追加して「すごくシビれる」にすることもできます。 ...
三条楽音祭2017を主観でレビュー!

【夏の終わりの楽園!】三条楽音祭2017 スタッフ主観レビュー!!

去る9月3日、三条市下田地域「中浦ひめさゆり森林公園」にて三条楽音祭を開催しました! エチゴノートのスタッフも運営に関わる三条楽音祭。 今年も延べ3100人を集め、大盛況のうちに幕を閉じました!   今回は少し遅くなってしまいましたが、スタッフ目線の主観イベントレビューをお届けします! https://www.youtube.com/watch?v=bwxHfEugbsE 撮影・編集:ケンオー・ドットコム様 全出演アーティスト。 (左上→右上)KODAMA & THE DUB STATION BAND、Polaris、SAIRU (左下→右下)SAKi & the factor、GOOFY KINGLETS、久保田リョウヘイ   今年の出演アーティストは   ・Polaris ・KODAMA & THE DUB...

【竹歯ブラシづくりワークショップを体験!】燕三条工場の祭典「産地の祭典」に行ってきた!

10月5日から8日まで開催された工場の祭典。 工場の祭典とともに開催された「産地の祭典」に行ってきました! 「産地の祭典」は今年初開催。 三条ものづくり学校を舞台に日本各地から集まった11の産地。 様々な生産物が日々生まれるそれぞれの産地。 生産者、背景、歴史など、いろんな角度からいろんな産地の特色を学び、考える場として、開かれました。     【参加産地】 ●石巻工房(宮城県石巻市) ●G.F.G.S.(新潟県加茂市) ●高岡伝統産業青年会(富山県高岡市) ●RENEW(福井県鯖江市等) ●うなぎの寝床(福岡県筑後地方) ●きんしゃい有田豆皿紀行(佐賀県有田町) ●マルヒロ(長崎県波佐見町) ●育陶園(沖縄県那覇市) ●Vision Glass JP(インド、日本) ●元泰竹藝社 supported by台湾文博会(台湾) ●INDUSTRIAL JP(東京都港区)   ...
世界でひとつだけのマイスプーン、Mgnetで作れます◎

【燕三条 春の工場めぐり】MGNETでスプーン作り体験してきました!

5月のGW中、5月3日~5日まで「燕三条 春の工場めぐり」という燕三条エリアの企業さんが一斉に開くイベントがありました。 参加企業さんの工場に行って、見学やものづくりのワークショップ、お買い得アウトレット商品を購入できるイベントです。   GW中はほぼ毎日仕事だった私ですが、唯一お休みだった5月4日、名刺入れで有名なMGNET(マグネット)さんに足を運んでみました。   自社製品の名刺入れや燕三条エリアの商品を取り扱うショップとオープンファクトリーが一体となった"FACTORY FRONT presented by MGNET"。 決して大きく無い店舗の中には所狭しと燕三条の一級品が並びます。 ショップでの買い物に後ろ髪を引かれながらも、この日の私のお目当ては「スプーン作り体験ワークショップ」! ワークショップ参加を申し込むと、優しい若いお姉さんがスプーンが完成するまでの工程を説明してくれました。 今回のティースプーンづくりは、「スプーンを曲げて磨く」という内容。 この日スプーンを曲げるのは、○リ・ゲラーでもMR.○リックでもありません。 ボール盤です。 ボール盤とは、主に工作物に穴を開けるために使用される工作機械です。 ハンドル部分を回して、主軸に取り付けたドリル等を下げていき、下に置いた工作物に向けて押し付けることで、工作物に穴を空けたりする時に使うそうです。   今回はドリルではなく、底が曲線になっている型を主軸に取り付け。 更に、下にはその曲線がハマるサイズのU字溝を置きます。 型とU字溝の間にスプーンの柄を挟むことで、スプーンの柄を折り曲げ、持ちやすい形を作っていくわけです。   言うは簡単。されど初めてのボール盤。 ...
三条市の地域発信拠点「TREE」に行ってきた!

【4月オープンしたて!】三条市の新しい交流場、TREEに行ってきた!

三条市の中心地にほど近い、一ノ木戸商店街。 ここにカフェ「TREE」がオープンしたと知り、さっそく行ってきた。 [youtube https://www.youtube.com/watch?v=qSEzycETW9U] 店舗は2013年から中心市街地拠点施設「みんくる」として一般社団法人が運営していた場所を再利用している。 2017年からは燕市の名刺入れ専門店で商品開発支援も手がける「株式会社MGNET(マグネット)」と三条市の割烹料亭「魚兵」が事業提携する「まちづくり事業部」の運営に変わり「TREE」と名前を変えて4月22日にオープンしたそうだ。   2階建ての古民家をリノベーションした心地の良い建物で、入口のガラス戸に浮かぶTREEのロゴは、新潟のデザイン会社「株式会社フレーム」によるデザイン。 みんなを広く包み込む大木のようであり、みんなを繋ぐ橋のようなデザインだ。 まず、入口に入るとカフェがあり、ゆっくりコーヒーを飲めるスペースになっている。この日、淹れてもらったコーヒーはTREEの近くにある「星野園」という三条市のお茶屋さんから仕入れたコーヒーとのこと。 カフェの奥に目をやると、細長い通路が奥へと続いている。 長屋のようになっていて奥へ進むと通路沿いに座敷のフリースペースがある。 ワーキングスペースとして利用したり、ワークショップを行うことも可能だ。 通路を突き当たると一番奥は、ハンバーガーなどの料理を提供してくれるカフェレストランになっている。 ここの名物はこのハンバーガー。 TREEバーガー、アボカドバーガー、テリヤキバーガー。 どれも美味しい。 「嫌いな人はいないでしょ!」という発想から生まれたTREEのハンバーガーは商店街の目利き商人さんたちが選りすぐった素材だけで作られている。 パテはなんとソース等を一切使わず、塩コショウだけで仕込み、素材の味だけで勝負しているとのこと。確かに、この旨味は選び抜かれた食材だから出来る味だ。 今は3種類のバーガーメニューだが、次回作も鋭意製作中とのことなので、今後に期待が膨らむ。   店内は、グランピングをしているかと思わせる様なディスプレイで、NORDISKのティピやsnowpeakのテーブルなどが並ぶ。 テーブルについてイスに座って食べるもよし、ティピの中で食べるもよし、どこで食べても良いとの事だそうだ。 【メニュー一例】 TREEバーガー(750円) アボカドバーガー(950円) テリヤキバーガー(850円) ...
春の熊狩り納め!熊祭りに初参加!

【新潟マタギ日記 vol.03】熊祭りの巻!

こんにちは! GWは毎日多くの人と酒を交わして楽しみましたkakumaです。 vol.02から少し間が空いてしまったわけは、 4月22日の熊狩りに諸事情のため参加することができなかったからです(泣) そして、この日をもって今年度の春の熊狩りは終了となりました。 熊狩りレポートを楽しみにしていた方々、申し訳ないです。 しかし! まだ、本当の意味で熊狩りは終わっていません! 山熊田集落伝統の”熊祭り”があるんです。(笑) 熊祭りとは、 この春も山から熊を授からせていただきましたことに対し、 山の神様に感謝の意を表し捧げられる祭りです。 そして、この祭りのメインは・・・ ”おのぼり”。 「今年度も無事に山から熊を授かることができたことに感謝し、おのぼり、頂戴します。」   勢子長のお言葉とともに、勢子長と新人の私は2杯の酒を一気飲み(まじです)。 次に、会場にいる方々が順々にコップ1杯を一気飲み。 最後に、山熊田マタギの頭領が、コップ1杯を一気飲みし、 再び、勢子長と私がコップ1杯を一気飲み。   勢子長「おのぼり、大変ご馳走様でした。」   これにて、”おのぼり”終了。   一気飲みしながら、 「これを山熊田のじいちゃんたちもしたんだなぁ」 ...
Kenji Jammer & YAO / SAKi & the factor のライブが素晴らしかった。

【動画あり!】やっぱり世界はすごかった。Kenji Jammer & YAO / SAKi & The Factor 2マンライブ@やーまん酒家(見附市)レビュー!

4月20日に見附市のやーまん酒家で行われたKenji Jammer&YAO(from Dachambo)、SAKi&the factorのライブに行ってきました! この日のライブ、最高でした。   本当にこの場に居合わせたのが幸せだったし、もうね、「音楽にありがとう」って言うしかない。 そんな気分になっちゃいました。   うん。先に謝っておきます。 来れなかった人...ごめんなさい。 でも、来れなかった人もこの日の雰囲気を楽しめるよう、動画でライブの様子を撮ってきました!この記事の最後に動画があるので、是非、お楽しみください!   それでは、この日のレビューを。 まずは、会場のやーまん酒家のご紹介。 やーまん酒家は見附市今町に店舗を構える多国籍料理が楽しめる居酒屋。 店内にはサウンドシステムやDJセット一式が完備されており、高音質で音楽が楽しめます。プロジェクターも設置されているので、映画の上映などにも使えるかも。 飲食店でイベントをやりたいな、って方は是非、店主迄ご相談を! とても気さくで話しやすい店主ですよ。 もちろん料理も絶品。 特にジャークチキンやエビのエスニック揚げ等、香辛料を使った多国籍料理はとても美味しくてビールのお供に最適。 グリーンカレーやタコライス、旬の食材を使った季節ごとの料理もあるので、空腹を満たしにフラっと立ち寄るのもあり。 国道8号線沿いにあるので、アクセスも迷うこと無く行けます。 そんなやーまん酒家では不定期にイベントが行われています。 ...
チャッペス食堂に行ってきました!

【鳥屋野潟オススメ店】チャッペス食堂~ゆっくり時間の流れる居心地のいい空間

新潟市の女池二丁目にある一押しのひっそりカフェ、チャッペス食堂をご紹介します! 新潟バイパスを新潟方面に進み、女池インターを降りてすぐ左折。 女池上山の信号を右折してまっすぐ行くと...見えてきました可愛い看板。 ここがチャッペス食堂です! フレンドリーな店主の自由奔放で快活な笑い声とセンスのいい音楽が鳴り響く店内はオシャレで居心地のいい空間。 僕は専らお昼に行くことが多いんですが、ランチメニューは週替り(気まぐれ?)の4種類。それぞれ、パスタorご飯orパンorスープがメインの、新鮮で旬の地元野菜を使った手作り料理◎ しかも、ランチメニューを食べ終わった後のケーキとコーヒーの組み合わせが絶品。 しっとりしたパンケーキのほのかな甘味に味わい深〜いコーヒーを一口。 これがたまらんのです。 更に、ランチタイムは17時まで。 タイミング逃してお昼ご飯食べそびれた人にも優しいロングタイム営業です。     夜になるとメニューはグンと増えて約30種類+季節に合わせたメニューが顔を揃えます。洋食を中心に和食もあるし、何よりお酒に合うおつまみが豊富! もちろん、お酒もたくさんあるので、満腹&千鳥足になるまで飽きることはありません。 (チャッペス食堂のメニューはこちら) 店内にはイベントのポスターがたくさん貼り出されています。 音楽好きの店主なだけあって、イベントも不定期に開催。 通好みのアーティストのライブからPerfume好きが集まるPerfume Nightなんてイベントも開催しているそうです(笑) お客さんも年配の方から若い人まで様々。 カウンターでは50代中盤のおっちゃんと爆笑しながら建築物談義したり、初めて知り合った20代の女子と植物の育て方について教え、教えられたり。 (建築の「け」の字も知らない僕ですが、おっちゃんと話した時は万代橋の凄さや全国各地のあのお城が凄い!なんて話で盛り上がりました。僕はひたすら「へ〜!」って言ってるばかりだった気もしますが... 新潟震災の時、唯一崩れなかったのが万代橋で、その後、世界中の建築家が万代橋を視察しに新潟に足を運んだとか...知ってました?) アーティストから地元のおっちゃんまで、色んな人が出入りするチャッペス食堂なので、このお店を切り盛りする店主も豆知識の宝庫。 誰にでも分け隔てなく接する店主がいるからこそ、どんな人でもやってきて、仲良くなって帰っていけるお店が出来るんだな、と思いました。   7月には周年祭があり、お店の外でもお酒が飲めたり、フリーマーケットが開催されたり、と楽しいイベントが催されるそうです。 行かなくちゃ! ...
新潟マタギ日記vol.2

【新潟マタギ日記 vol.02】熊狩りに行ってきた!

こんにちは。 家の囲いを徐々に外して、数年間空いていたこの家の全貌が徐々に見えてきて ワクワクしているkakumaです。   4月第2、3週の休日に熊狩りをしました!   第2週目は、悪天候(濃霧)のため、熊は見つかりませんでした。 しかし、「熊は間違いなくここにいた」ということは一目で分かります。 この写真の中央に、枝が不自然に密集しています。 これは、ここで熊が木の実などを食べた跡です。 冬眠する前に、ここでたらふく食べたのでしょう。 これは、熊じゃないけど、イノシシの寝床です。 土を浅く掘ってますね。 イノシシは、同じ寝床をある程度長く使うそうです。 山をしっかりと観察しながら歩くことで、このような動物たちの跡を見つけることができるんですね!     第3週目は曇天だったけど、熊を探すことができる天候でした。今回の猟場となる山は、写真中央から少し左の、てっぺんに松がある山。 午前の勝負では、この松のあたりに、鉄砲撃ちが静かに待機。   僕を含めた勢子は、鉄砲撃ちの方に熊を誘導するために最適な場へと着く。 この猟の頭領は、鉄砲撃ちと勢子の動きをしっかりと見れる位置につく。   皆が位置についたら、勢子が「よーーい!」「ほーーい!」と声を山に響かせる。 ...